MENU

生命保険は掛け捨てと積み立てどちらがお得なの?FPが教えます

生命保険を選ぶのは簡単ではありません。基本的に積み立て型と掛け捨てタイプがありますが、保険の特性を知るためにはそれぞれのメリットやデメリットを知ることが必要です。月々の保険料はできるだけ安く抑えたいのは皆さん同じこと。しかし保障内容もそれなり充実させたいという希望もありますよね。これから生命保険の加入を検討している方、もしくは見直しをしている方にぜひ知っておいていただきたい、積み立てと掛け捨ての違いについてご紹介したいと思います。どちらにもメリットとデメリットがありますので、保険選びの参考にしてくださいね。

 

生命保険の種類の違いについて

 

生命保険は大きく分けると定期保険、終身保険、養老保険、アカウント型保険などに分けることができます。積み立て型タイプになるものが終身保健と養老保険。掛け捨てタイプは定期保険で、二つを混合したものがアカウント型保険となっています。かつては積み立て型がとても人気がありましたが、近年では掛け捨てタイプも再び注目されていますよね。そもそも生命保険は主契約の部分にオプションとして特約をつけて契約をしますが、各保険会社では特徴のあるオプションを色々用意していますので魅力的な商品があります。積み立てか、掛け捨てにするか。まず保険選びで選択が必要になる点。月々の保険料の負担を考慮しながらそれぞれの特徴を理解しておきましょう。生命保険はライフスタイルや年齢の違いによってピッタリのものを選ぶことが大切ですね。

 

保障期間で比較

 

保健は契約期間が終了するとともに保障が終わってしまいます。保障期間とは死亡保険金が受け取れる期間の事で、保険選びの際の比較点になります。掛け捨て保険の定期保険は保障期間が保険料の払い込み期間となっていますので、それ以降は保障がされません。それに対して積み立て型の終身保険は一定期間保険料を払い込むと保障が一生涯続くことがメリット。養老保険の場合は定期保険と同様に保険料の払い込み期間と保障期間が同じになっています。生命保険に加入する年齢はそれぞれ異なりますので、保障期間を重視させるのであれば終身保険が一番安心ですよね。自分の年齢や家族の有無を考えて保障期間の長さを意識する点も大切。生命保険は万が一の際の備えですが、家計の負担を減らす為にも内容と保険料のバランスを比較しましょう。

 

保険料が安いのはどっち?

 

掛け捨て保険と積み立て型の保険の最大の違いは保険料。掛け捨てタイプの定期保険は月々の掛け金が安いことが特徴です。積み立て型の終身保険は保険料が高く、さらに養老保険は終身保険よりも保険料が高いことが特徴。そのため経済的な負担を抑えたい人には掛け捨てタイプの方が良いと言えますね。定期保険は保険料が安く手も他のタイプの保険と同等の保障があります。しかし払い込んだ保険料は掛け捨てと呼ばれるように戻ってくることがありません。ごく一部の定期生命保険では少ない額ですがお金が戻る場合もあります。月々の保険料が額にこだわるよりも、内容を吟味することが大切。積み立て型は保険料の負担が多くなりますが、貯蓄性がありますので定期保険のように損になるものではありません。保障だけにするか貯蓄性を求めるかにより保険料も異なるのです。

 

 

返戻金について

 

積み立て型と掛け捨てでは返戻金についても違いがあります。保険料の払い込みが終わった時点で戻ってくる満期返戻金は、掛け捨てタイプの定期保険にはありません。終身保険の場合も同様に満期返戻金はなく養老保険のみとなっています。保険は途中で解約する方も多いのですが、この際にもらう中途解約返戻金は定期保険の場合はなく、積み立て型の終身保険と養老保険にはあるという点が違い。満期返戻金についてですが、養老保険の場合は保険料の払い込額が全て満期時に戻るのではなく、保障の掛け捨て金について差し引かれます。返戻金は何歳になったら戻るか計画できるため、老後の資金としても活用しやすい点がメリット。生命保険にどんな利点を求めるかにより、掛け捨てか積み立てを選ぶことも大切ですね。

 

掛け捨てか積み立てかどっちがいい?

 

生命保険は自分のニーズに合わせて選ぶことが一番大切です。比較点は色々ありますので、よくわからない時は専門家のアドバイスを受けることも必要ですね。掛け捨て保険は保険料が安く死亡保険金も高く設定してあります。積み立て型は貯蓄性を求める人にオススメ。どちらの魅力も理解して、自分の将来にはどちらが必要なのか検討してみましょう。また生命保険は複数契約して上手にメリットを使い分けることも大切。保険に加入した時は独身でも、結婚して家族が増えることもありますよね。ライフステージに合わせて保険の見直しも大切です。また生命保険には特約と呼ばれるオプションがありますので、医療保障を充実させたい場合には特約をつけて主契約に機能をプラスさせることも重要です。保険相談窓口などを利用してまずは色々な商品を比較してみましょう。