MENU

現在加入中の生命保険でお金を借りる

生命保険に加入している方は多いと思いますが、契約後はそのまま放置してしまうことがほとんどですよね。生命保険は資産価値があり、これでお金を借りることができることをご存じでしたか?借金をする方法は色々ありますよね。緊急の場合にどうしてもお金が必要になる可能性は誰にでもあります。金融機関、消費者金融など借りる先は色々ありますが、金利なども不安になる点。そこで意外な方法でできるのは生命保険でお金を借りる方法です。その仕組みについて早速見ていきましょう。生命保険の意外な活用方法として知っておくと便利ですよ。

 

生命保険でお金を借りるしくみについて

 

生命保険には定期生命保険、養老保険、終身生命保険など色々種類があり、それぞれのニーズによって選ばれています。複数の保険に加入する人もなかにはいますが、万が一の際の備えとしてあると便利ですよね。この生命保険ですが、死亡保険金をもらうだけでなく意外な時にも大変活躍する点があります。「契約者貸付」と呼ばれる制度があるのをご存じですか?この制度は保険を解約した際に戻ってくる解約返戻金を使いお金を貸してもらう制度になっています。そもそも解約返戻金は払い込んだ金額よりも減ってしまうという特徴がありますが、急にお金が必要になった時にはとても助かる制度です。貸付金にはそれぞれの保険会社の所定の利息がかかりますので、詳しいことは直接保険会社に問いあわせてみましょう。

 

 

どんな保険が対象になる?

 

契約者貸付ができるのはどんな生命保険でもよいわけではありません。そもそも生命保険でお金を借りるのは、自分や家族が被保険者になっているもの。定期保険のような掛け捨て保険でお金を借りることはできず、対象になるのは貯蓄性のあるものです。終身保険やこどもの学資保険、養老保険。個人年金保険などが対象となあります。これらの保険は途中で解約した際に解約返戻金が戻りますので、生命保険でお金を借りる際には、自分の保険が対象であるかどうかまずチェックしてみましょう。お金を借りるのは保険会社から。解約返戻金を担保にした形で借りることになります。しかし借金の返済ができる契約終了すると同時に保障もなくなる為注意が必要です。この制度では借りるお金の用途が決められていませんので、対応がしやすいメリットがあります。

 

いくらまで借りられる?

 

貸付の限度額は各保険会社で設定が異なっています。一般的には契約者貸付は解約返戻金の80%〜90%程度になっている場合が多いようですね。解約返戻金は保険料の支払額が多いほど増え、契約直後では必要な借り入れ希望額に達しない可能性もあります。貸付利率ですが、支払った保険料の予定利率よりも高く設定されている場合がほとんど。市場の金利の変動により貸付利率も変わっていきます。参考までに1994年までの契約時期の保険では貸付利率が年に5.75%、1999年4月以降の場合で年3%となっています。借金をする際は通常金融機関での審査など手間な手続きがありますが、契約者貸付制度を利用する場合はその必要はありません。とても借りやすい為、緊急時にどうしてもお金が借りたい、消費者金融などからは借りたくなりという方オススメです。

 

 

お金を借りるまでの流れ

 

契約者貸付をする場合にいくつかの項目を確認しておきましょう。まず保険証書を見て、保険契約者、被保険者。保険受取人の3人の名前が記載されている内容を確認。この制度でお金を借りられるのは保険契約者です。実際に手続きをする際はまず保険会社に連絡をしましょう。保険証書の証券番号をます調べておきます。申し込みに必要な書類が保険会社から郵送されますので、必要事項を記入して返送します。郵送で受け付けをする場合や、店舗に直接行って手続きが必要になる保険会社などもありますので、詳しい手続き方法はそれぞれのカスタマーセンターで問い合わせをしてください。借りたお金を返すのは銀行振り込み、保険会社の営業所の窓口などで対応しています。一般的にこのような流れでお金を借りることができますが、場合により必要な書類が異なる場合もあります。

 

契約者貸付のデメリットについて

 

一見便利な生命保険の貸付制度ですが、注意しておきたい点がいくつかあります。一つ目は利率が複利になっていること。100万円を借りた場合1年間返済しないと利率2%の場合は翌年102万円に対して2%が適用されます。長く借りていると借金額が膨らみやすい特徴があります。また契約者貸付は、解約返戻金の範囲内であれば何度も貸付をすることが可能ですが、返済額が解約返戻金の額を超えた場合は保険が失効する恐れもあります。すると本来の保障がなくなるため、保険としての効力を失なってしまうのです。生命保険の契約者である利点を利用した借金ですが、あくまでもお金を借りることには変わりません。計画的に返済をすることが大切ですね。詳しいことは契約している保険会社で問い合わせてくださいね。